Laravel・PHP入門

PHPer初心者

【ぼやき】なぜエンジニアになったのか、これから何がしたいのか

最近よく話すことを言語化しておきたいなとおもったので。
昔とあんまり変わってないようで変わったかな。

今とこれからやりたいこと

エンジニアとしてエンジニア文化に貢献していきたいです。
あとは適切な努力家が報われる社会をつくりたいです。

その目標に対して自分が何をできるかは模索中でして、
例えばエンジニアがもっと働きやすい環境をつくることだったり、
業務の自動化だったり、エンジニアの評価制度を整えるだったり、
エンジニア教育でエンジニアを増やすことだったり、OSSへのコミットだったり、
エンジニア向けのサービスだったり。
いろんな手段の中で自分の得意分野とやりたいことができれば嬉しいです。

今はエンジニアとしての経験が浅すぎるので、
エンジニアに貢献するならエンジニアとしてしっかりものづくりを学ぶことを重視しています。

エンジニアになったきっかけ

rails new blog

キャリアアドバイザー時代、
railsの環境構築を社内のエンジニアさんに教わっていました。
rails new blog と叩いたとき
沢山のディレクトリとファイルができていることに驚きました。
そしてこれが無料と聞いて衝撃を受けました。

営業って売上へのインパクトは正直めちゃくちゃでかいし、
おもしろいとも思うのですが
意外と知識やノウハウは記憶ベースだったり、
アナログに蓄積されているんですよね。

それが、エンジニア界隈は全く違う。当然ですが全てがデジタルで
かつ皆が使える武器を、損得勘定だけでなく
皆がより良くしようとOSSが進化し続けてるんですよね。
それって本当にすごいなあと。それは、ものすごく業界としてもスキルも圧倒的な速さで進化していくだろうなと。

そして何よりすごいのは、エンジニアにとってそれらは全部当たり前で。
これが文化になっている。
この規模の文化は、他で再構築するよりも飛び込んだほうが圧倒的に早いなと思い
エンジニアになりたいな思いました。

「なれる」って言われたから

前の記事にも書いたんですが、知り合いになれると言われたから(笑)
ばかみたいに、あ、なれるんだって思ってしまったことが
本当になったきっかけです。

「エンジニアにならないの?」
「なりたいとは思うけど、なれるのかな、とも思う」
「え、なれるよ」
「だって俺がエンジニアになったの25歳だし」
「同い年だし」
「なれる」

この言葉のおかげです。感謝

ざっくり経歴と今やっていること

エンジニア専門のキャリアアドバイザーとして
300人と1対1面談

OSSに感動し
PHPエンジニア(Laravel)として7ヶ月目。
今は新規サービスのサービス設計や
関係者の業務フローの改善、
アジャイルで設計やAPIの実装などをしています。


最近自己紹介するならこんな感じです。

以上